通いたいと思わないサロンの特徴

やはり気になるのが清潔感

お肌のお手入れする際、洗顔して清潔にしてから行うのが基本です。
エステサロンで顔や身体のケアをしてもらう際、素肌になって施術台に乗ることやスタッフのハンドケアを受けることを考えると、設備やスタッフに清潔感が感じられることが一番です。
お客さんが通いたくないと思うワースト1は、施設や設備、スタッフに清潔感がないサロンだそうです。
サロン内の内装はもちろん、外装についても、こまめな清掃やメンテナンスを心がけるサロンには当然人気が集まります。
毎日行う清掃や、月に1~2回行う細部まで時間をかけて行う清掃を分けて、リスト化してあるサロンに注目するとよいでしょう。
また、スタッフが華美なアクセサリーを身に着けていたりするのも印象が悪いようですので、好感度が感じられる服装や身だしなみをスタッフ全員で配慮しているサロンだと気持ちよく通えそうです。

強引な営業がある

エステサロンの悪いイメージには、高い化粧品やエステ器具を買わされるということがあります。
スタッフからしてみれば、売れればインセンティブが支払われる設定になっていることが多いため、熱心になってしまうということはあるかもしれません。
また脱毛の施術など、複数回通うことがきれいに保つ秘訣でもあるので、どうしてもコース契約を強く勧められがちです。
あまり強い勧誘は、もともと持っているエステサロンへの悪いイメージと重なり、サロンへの評価を低いものにしてしまいます。
せっかく施術に満足してもらえたとしても、リピートしたいという気持ちをなえさせてしまいかねません。
商品やコース契約は選択肢が多いほど迷いも出てきてしまいますので、目的や希望をしっかりともって、施術内容、費用とともに納得できるサロンを選んでいきましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る