敏感肌からの肌荒れの原因と対処

ちょっとした刺激でもすぐに肌荒れを引き起こしてしまう、いわゆる「敏感肌」の人は毎日のメイクにだってかなり気を遣わなければならないはずです。

ですがそれでは敏感肌の根本的な解決にはなってはいませんよね?そこで、敏感肌になってしまう原因と対策を知って少しでもその悩みを解決に導きましょう。

まず、敏感肌になってしまう原因としては、皮膚に分泌される皮脂の量が少ないということ。皮脂と言えばベタベタとして肌のテカりの原因だと思われがちですが、肌を乾燥させたり、刺激から守ってくれる役割もあるのです。

そんな皮脂を悪いものだと思い込んで執拗に洗顔をすると肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、結果守ってくれるものが無くなった肌は刺激を直に受けてしまい、肌荒れへとつながってしまいます。

この悩みは特に若い女性に多く、肌荒れを気にするあまり洗顔やスキンケアをやり過ぎると肌の油分と水分が減ってしまって乾燥を引き起こすのです。

ではそんな乾燥からの敏感肌にはどのような対処をすればよいのでしょうか?

まずはとにかく皮脂量を増やしましょう。と言っても洗顔をしないだとか、クリームを塗るなんてことをしてはいけません。毎日の洗顔は基本ですが、一日に何度も洗う事を控えましょう。乾燥肌の人ならば一日に一回程度で十分です。

そして洗顔を終えたらすぐに化粧水や乳液、保湿剤で乾燥を防ぎましょう。また、この時にコットンを使用したり、掌でバシバシと叩いてはいけません。優しくじっくりと肌になじませるような感覚でしっかりと保湿をしましょう。

肌荒れになったときはとにかく保湿を心がけましょう。油性肌も乾燥肌も、この一点を守っていれば大体解決するのです。

薬剤師求人 転職